【本工事・内部下地工事】石膏ボード入りました&断熱材のこと

こんにちは、みみです。

土曜は恒例化している現場見学へ行って来ました。

この日はいつもの大工さんがお休みで、別の大工さんとその息子さん(!)が来てくださってました。親子で働くの素敵だなあ…。

今週は石膏ボードが入って、すっかり部屋っぽくなってました!

玄関口から。飾り棚も付いてた!

階段も入ってた!(・・・しまったハシゴ状態ちゃんと撮って無かった!)

2階から。

この日はボード貼りとともに、天井の金属製の支え?を取り付けていた模様。

2階、階段室の天井

これの隙間に断熱材を詰めていくんだそう。

寝室天井には一部もう入ってた。

断熱性能とか私はあんまり気にして無くて(旦那さん任せ)、天井ネオマフォームっていうの使ってるのかーとこの時初めて知りました()。勾配天井部分はネオマフォームになってるんだそう。そうかグラスウールだとズレちゃいそうだよね。

寝室部分は北側で若干天井が下がるのでそれをなるべく高くするためにもネオマフォームが一役買っているそうです。これも縁の下の力持ち設計士さんの仕事。(多分この時の説明、子ども相手にしてて私聞いてなかったぽい・・・。)

北側寝室の勾配天井。

着工合意がっつり読んだはずなのにダメですね・・・。もう一回読んどこ・・・。

(追記)

設計士さんに確認出来たので、追記で補足です。天井が下がっている部分にネオマフォームを使っているのは天井をなるべく上げるためだそうです。(もう一方の勾配天井には普通のグラスウールを使用。ずれたりはしないみたい・・・)

この記事を共有する

↓にほんブログ村のランキングに参加中。バナー作ってみました。クリックしてね!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください