棚ってどうやって作るんだっけ・・・?

こんにちは、みみです。

以前のお話(「吊り戸棚を無くせ」)で、我が家のキッチンにはオープンな棚を設置することになったのですが。

こういうイメージのものを探しています。木の棚でアイアンの棚受け金具。

もしくは壁から生えたようなこういうのも良いのですが、素人には厳しそうなので・・・。
また、スミリンさんでは省令準耐火?の関係で、近年では壁から生えた(つまり構造体とくっついた)棚は出来ないそうです。(省令準耐火の証明と引き換えになら付けられるんだと思います)

でも、雑貨を置くような小さめのものでなく、30cmぐらいの奥行きの本気の棚ですし、そうそう適当には作れない。

困った時のインテリア担当のNさんにちょっと相談してみたら、板材はホームセンターで欲しいサイズに切ったものを塗装した方が良いかも知れません、とのことでした。その方が1cm単位で好きなサイズに出来るし好きな色に出来るから、と。

公式に?完全DIY推奨。おっしやったるぞーと意気込み、あれこれ探してみたのですが、はてと気がつく。

我が家のキッチンには高さの低い窓がついており、こんなイメージの棚の位置です。(3段にするか2段にするかはまだ悩み中・・・。)

kitchen_raf

なので、一番下の棚は下から受けるんではなく上から支えるタイプの棚になるんだけれども。

上から支える・・・となると棚受け金具どうしたら良いの?
た、耐荷重計算とやらをしなくてはならないのでは・・・?

と不安要素がいっぱい。

困り果てて、大工さんに泣きついてみたら、1. なるべくなら窓の直ぐ上に付ける方が良い、2. ビスの長さをなるべく長くすることで改善できると思うけれど鍋とか置くのは危険そう、3. オススメはやはり下から支えることです・・・とのこと。

とのこと。ですよね・・・。でもあまり高い位置の棚になるのも使い勝手の面で困るのです・・・。と悩みに悩んで、棚受け金具で下から支えつつも高さの薄いタイプを見つければ良いのでは・・・?と思ってみつけた候補がコレ。

棚受け金具 アイアン アンティーク ブラケット スクエアタイプLサイズ おしゃれ 壁掛け 黒皮 鉄 シェルフ棚 シンプル DIY インダストリアル ディスプレイ 什器 店舗 完全日本製 ハンドメイド 木枠屋

通常のL字と違って高さが無い代わりに棚を受ける面がしっかりしているので良さそう。が、棚の下に10cmぐらい高さが必要そう(何cmか不明)なのと、耐荷重が分からないのが難点。

もう一つが、

R不動産 toolboxのリングの棚受け大サイズ
http://www.r-toolbox.jp/service/リングの棚受け/大サイズ/

スクエアがカッコいい。高さも要らない良いアイテムですが、値段が可愛く無いのと、奥行きと高さが決まっちゃうところが難点。

Toolboxは原宿にショールームがあるので見に行ってみようかな〜。

toolboxショールームのご案内
http://www.r-toolbox.jp/showroom/

この棚も、1段目はタイルに穴を開けてもらわないといけないので、大工さんが居てくださる6月中に現物持って行く必要があります。

棚受け金具とか表札とか、小さめのものだけれど、壁にくっつけたり構造に関わるものを優先して早めに決めるのが良さそうです。ついつい、ソファとかテレビ台とかが気になっちゃうんだけれどね。

そして気がつけば、DIY要素がどんどこ増えている我が家なのでした・・・。

この記事を共有する

↓にほんブログ村のランキングに参加中。バナー作ってみました。クリックしてね!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください